ペニス増大手術後の痛みへの対応策

2020年2月3日 投稿者: masterad_elmuseodelmate

ペニス増大術後の痛みへの対応策とは

ペニス増大術は、多少の痛みは伴うもののその後のセックスライフが充実するため人気の手術です。術後に痛いと感じることがあるとすれば、敏感な部分なので違和感や多少の痛みのケースが多くなります。麻酔をして行う手術なので、一般の手術と同様に麻酔が切れた後は痛みが出てしまう事があるのが実情です。

その対応策としては、痛いと感じた時に鎮痛剤を服用するのが一般的となります。これは通常の手術などでも同じことですが、術中の痛みを抑えるために麻酔をして手術を行いますがそれが切れた後は、痛みが伴うことがあります。

安静にすることで傷がふさがりやすくなりますし、手術をした部分が順応するまでしばらくは安静にするのも有効です。オナニーやセックスをすぐにしようとすると、痛みが増大することがありますので痛いときにはセックスやオナニーなどの性的な刺激はしないほうが効果的です。そのほうが、痛いと感じることが結果的に少なくなります。

ペニス増大手術の痛いという感覚

ペニス増大手術後の痛いという感覚は、誰にでも多少は起こりえます。敏感な部分の手術であり、体の中でも最も過敏になりやすい部分の手術ですので、多少の違和感が起こることもあるのが実情です。しかし、最も感じやすい痛みは術中ではなく術後ということが言えます。

麻酔が切れた後に激痛が起こることは少ないですが、ペニス増大効果があまり感じられなかったり違和感があるということは人によってはあります。効果の感じ方には個人差があるのは、ペニス増大手術に限ったことではありませんが、痛みも同様です。

ちょっとした違和感があるだけでも気になってしまいがちですが、術後にあまりにも痛いと感じるようならアフターフォローを利用するのが良いでしょう。ペニス増大手術をしているクリニックの多くは、アフターケアやフォローが充実しています。24時間対応しているところもありますので、ネットや電話から相談してみるのも一つの方法です。

まとめ

ペニス増大手術をすると、痛いと感じることがありますが手術中よりも術後の麻酔が切れた時に、違和感を覚える人が多いです。これは、一般的な外科手術などと同じ原理ですが鎮痛剤を使ったり安静にすることである程度は防ぐことが出来ます。敏感な部分への手術ですので、何も感じないほうが珍しいです。しかし徐々に慣れてくれば何も感じなくなりますし、ペニス増大効果は絶大ですのでペニスに自信がないという方には、最適な手術です。